HOME > 会社情報 > 採用情報 > 研究・開発部門

会社情報

先輩社員の声(研究開発部門)

原 優姫

研究所 加工開発課原 優姫2018年4月入社家政学部卒

①ヒガシマルの魅力&仕事のやりがい

入社1年目から自分のテーマを持って業務に携われることです。自ら考えた商品を何度も試作し、「おいしい」という言葉をもらえた時の感動は何事にもかえがたいものです。

②仕事をする上でのモットー

「味作りにゴールはない!」なので最後まで諦めずお餅のように粘り強くアグレッシブに!

③入社後の印象的な出来事

味作りだけでなく、業務内容が想像していたよりも多岐にわたることに驚きました。商品開発と一言でいっても商品のコンセプト立案やレシピの提案、市場調査の実施、現場での製造の立会いなど、発売するまで様々な業務があります。日々他部署と連携をとりながら業務に励んでいます。

④休日の過ごし方

友人と神戸や大阪でご飯を食べたり、ショッピングをしたりしています。また、会社の先輩方と京都旅行や弾丸ツアーで城崎にカニを食べに行きました。今年は東京ディズニーランド旅行の計画も浮上しています。

⑤入社を決めた動機

学生時代に管理栄養士の勉強をしており、栄養の知識を活かし、多くの人々の食生活の改善に貢献したいと思っていました。ヒガシマル醤油は淡口しょうゆのトップメーカーであり、和食の良さを多くの人に伝えられると思いました。また小さい頃から家庭でヒガシマルの商品に慣れ親しんでおり、馴染みのある企業だったため入社を決意しました。

(2020年1月取材)

竹内 悠人

研究所 醸造開発課竹内 悠人2018年4月入社先端物質科学研究科卒

①ヒガシマルの魅力&仕事のやりがい

淡口しょうゆのトップメーカーとして自負を持って業務を行える点に大変魅力を感じています。その中で私は、淡口しょうゆの調理特性に関する業務に携わっており、現在、香りの面から淡口しょうゆの良さを明らかにしようと日々研究に励んでいます。一筋縄ではいかないことが多いですが、文献情報や先輩方のアドバイス等を参考にし、実験条件の検討を繰り返すことで新たな知見を得たときには、会社に微力ながらも貢献したと実感することができ、最高にやりがいを感じます。

②仕事をする上でのモットー

何事にも山芋のように粘り強く取り組むこと。

③入社後の印象的な出来事

入社1年目から自分の研究以外の仕事を思い切って任せてもらえたことです。具体的には、しょうゆ製造に用いる微生物管理や機能性成分に関する業務など、幅広い分野の業務に携わることで自身の成長を実感することができました。また、そこから得た知見は自分の研究テーマに繋がったりもしています。

④休日の過ごし方

スポーツが好きなので、バスケやサッカー観戦によく行っています。実際にバスケのクラブチームに入って汗を流したりもしています。

⑤入社を決めた動機

私は大学で酵母の研究をしていたため、微生物に携わる仕事がしたいと思っていました。ヒガシマルは微生物研究に歴史があり、基礎研究から商品の開発研究まで幅広く活発な研究が行われているため、ヒガシマルでなら自分がこれまで得た知識・経験を活かすことができると考え、入社を決意しました。

(2020年1月取材)

内海 今日子

ヒガシマル食品 商品管理課内海 今日子2018年4月入社生物資源環境学部卒

①ヒガシマルの魅力&仕事のやりがい

しっかりと自分が主体となって進められる仕事があり、試してみたいと思うことを試せる点が魅力です。また、常に先輩や上司に助けてもらえる体制であるため、行き詰まった時でも、課員全員で解決策を考え、全員が1つのチームとなって開発を行っている感覚です。仕事のやりがいは、自分の仕事の結果が商品としてお店で見られることです。好きなカレーに関連する「カレーうどんスープ」の仕事を担当できた時はとても嬉しかったです。

②仕事をする上でのモットー

「なんでもいいから、まずやってみる。それだけなんだ。」(岡本太郎の言葉)

③入社後の印象的な出来事

1つの商品を立案してから実際に発売するまでの業務内容が多岐に渡ることに驚きました。具体的には、コンセプト立案・味作りのほかに、市場調査やパッケージデザイン制作・社内プレゼンなどの様々な業務があります。また、商品開発業務のほかにも品質管理があり、原材料の管理からできあがった商品の品質管理も行っています。幅広い分野の業務に携われることが印象的でした。

④休日の過ごし方

建築物とカレーが好きなので、建築物を見て、帰りにカレーを食べる、独自のツアーを考えて、1人ツアーしています。最近は思うように外出できない半面、以前よりお取り寄せできる料理が充実しているので、何を食べようかと考えることがとても楽しいです。

⑤入社を決めた動機

色々な事を選ぶ基準に、「ここでなら、何かの壁にぶつかったとしても、頑張れそうか」を想像します。当社の真面目な社風や、400年の伝統を守りながら、淡口しょうゆやうどんスープなど、多くの家庭で当り前となっている素晴らしい調味料を造り続ける姿勢に「ここでなら、頑張れそうだ」と思い入社を決めました。

(2022年1月取材)

村山 佳加

研究所 醸造開発課村山 佳加2020年4月入社工芸科学部卒

①ヒガシマルの魅力&仕事のやりがい

見たことある!使ったことある!これ家で使ってる!そんな商品に携わることができるところです。
なぜこの醤油を使うと甘く感じるのか?なぜこの調味料は食材をやわらかくすることができるのか?など、現在は食を科学することを中心に研究に取り組んでいますが、そういったことを考えることはとても楽しく、仕事に大変やりがいを感じています。

②仕事をする上でのモットー

「何事にも無駄な努力はない」と信じて仕事に取り組んでいます。そのときうまく結果が出なかった実験でも数年後、誰かの実験で役に立つデータになるかもしれません。どんな結果が出ても落ち込まず、前向きにこれからも頑張っていきたいと思っています。

③入社後の印象的な出来事

入社1年目から責任感のある仕事を任せてもらえたことです。醤油製造に用いる菌株の管理や、製品の様々な成分測定など、こんな重要な仕事を私がやってもいいのかな!?と最初は驚きました。ですが、上司や先輩から丁寧に仕事を教えてもらったので社内認定資格も取得し、しっかりこなせるようになりました。

④休日の過ごし方

コロナ禍の制限がないときは、姫路や神戸で買い物をしたり、友人とランチに行っていました。会社の先輩や同期とテニスをしたり、ドライブや遊びに行ったりもしています。

⑤入社を決めた動機

社員の方たちの仲が良く、雰囲気がとても良かったので、自分もこの会社ならうまくやっていけそう!と感じたからです。

(2022年1月取材)

福本 響

研究所 加工開発課福本 響2020年4月入社理工学研究科卒

①ヒガシマルの魅力&仕事のやりがい

関西の味を追求し続けているところがヒガシマルの魅力です。
生まれてからずっと関西に住んでいる私にとっては、ヒガシマルの商品は馴染みのある味で美味しいものばかりです。ヒガシマルでは地域に根付いた食文化を大切にした商品開発が行われています。
商品の発案から販売に至るまでの幅広い業務に携われるため、やりがいがあります。
味づくりをしていると、少し原料を変えるだけで品質が大きく変わることも少なくないので、何度も試行錯誤を重ねて品質を決定します。また、製造現場へ行って製造に立ち会い、現場の知識や知見を取り入れながら開発を進めなければいけません。それでも頑張って作った調味料や、それを使った料理を美味しいと言ってもらえるとすごく嬉しいです。

②仕事をする上でのモットー

よく考える事!
「どのように業務を進めていけば、目的を達成できるか」をしっかり考えることを意識して取り組んでいます。

③入社後の印象的な出来事

担当した商品が初めて製品として形になった時です。
安全性・製造工程・品質など様々なことを考慮して開発を進めた商品が現場で製造され、容器に充填された時は感動しました。

④休日の過ごし方

主に野球やバスケなどスポーツの観戦をしています。時々地元に帰って、友達と会ったり、甥っ子や姪っ子と遊んだりしています。

⑤入社を決めた動機

食べることが好きだったので、食品メーカーに就職したいと考えていました。食品メーカーについて調べていると、淡口しょうゆ発祥の地として龍野に礎を築いたヒガシマルは日本の食文化に貢献をしてきていることを知りました。ヒガシマルでは、私が好きな「食」という分野でたくさん人の役に立つことができると思い入社を決意しました。また、先輩たちは皆優しい方ばかりでアットホームな雰囲気も入社を決めた要因の一つです。

(2022年1月取材)