HOME > 会社情報 > 採用情報 > 研究・開発部門

会社情報

研究・開発部門

写真:研究所長 古林 万木夫

研究所長 古林 万木夫

[ 業務内容 ]

当社は淡口しょうゆのトップメーカーとして、変化の激しい時代に対応しつつ、 “関西発のうす色で上品な味を守り広げる信念” を持って、豊かで健康な食生活のお役に立ちたいと念願しています。研究所は、この様な当社の使命を技術面から支えるべく、活躍の場を広げてきました。

たとえば、 “淡口しょうゆの風味や色を自在に醸造したい!” と言う課題には基礎研究が欠かせません。醸造を科学することにこだわっています。このこだわりを基礎に、研究所はこれまで、複合糖鎖関連酵素や抗酸化性をはじめとする各種機能性物質、食品添加物の開発など新分野への展開を図ってきました。現在はさらに、抗アレルギー作用、免疫調節機能、鉄吸収促進作用、中性脂肪低下作用など、科学的な裏付けを持った健康機能食品の開発へと進展し、研究フィールドは醸造微生物から動物まで広がっています。

長年料亭で磨かれてきた淡口しょうゆをベースに “プロの味を簡便に!” をコンセプトとして各種の調味料を開発しています。また、外食産業や惣菜業界の皆さんに “うす色・うす味の美味しさ” を提案する仕事も続けております。
今、食品会社が問われている重大な課題に “信頼性” が挙げられます。研究所は、製造工程の衛生管理に深く関わり、かつ、原料から製品までの品質管理を担うことにより、自分たちが開発した商品が安全に、設計通りに作られているのか?まで見ているのです。

[ 求める人材像 ]

しょうゆ会社のイメージや伝統から、発酵化学や生物工学系の応募が多いのが現状です。しかし、当社研究所の業務は極めて広いことがお分かりいただけると思います。募集要項にある採用学部・学科はあくまで参考として、多様性のある幅広い専門分野の皆様を求めています。

ヒガシマルの研究所は、決して大所帯ではありません。一人何役もこなせる人材を求めています。スポーツでたとえるなら、アメリカンフットボールのように役割を組織的に細分化するのではなく、バスケットボールのようにみんなで攻める、みんなで守るプレイヤー(研究員)が理想です。得意なところを伸ばすのか、苦手なところを克服するのか、いろいろな成長過程がありますが、少人数のチームワークで得点(研究開発)を重ねていきましょう。

期待する人材をしょうゆ醸造でたとえてみます。気温が上がり始めたことを感じて自分で発酵を始める人、隣のタンクにそろそろ発酵を始めないと遅れるぞ!と言ってくれる人、それでもだめなら、自分のタンクの酵母を分けてやれる人、発酵が旺盛な人、発酵が持続する人、温度が低くても高くても発酵できる人、これまでにない香りを醸す人、オレのタンクのしょうゆはこんな特長を持っていて、とっても美味しぞ!と、しっかり自慢できる人、などです。
アルコールをたくさん発酵してくれる人やアルコールに合う料理がうまい人も好きです。

先輩社員の声

研究所 醸造開発課 結川 直哉

研究所 醸造開発課結川 直哉平成26年4月1日入社

ヒガシマル醤油の研究所では、液体調味料の商品設計・開発、また品質管理を行っています。私が所属する醸造開発課では、①淡口醤油に関わる醸造微生物(麹菌、酵母、乳酸菌など)の基礎的な研究、②淡口醤油を中心とした醤油の新商品開発と醸造技術開発、③当社が醤油中から見出した機能性成分SPS(しょうゆ多糖類)の機能性研究、の主に3つの業務を行っています。

私は入社して4年目になりますが、日々勉強の毎日です。働く中で実感していることは、ヒガシマルの社風が、先輩や上司にとても相談しやすい環境であるということです。実験でうまくいかないことが多々ありますが、一緒に悩み、協力してもらえる先輩、上司の助けがあり、日々業務をこなしています。

私は学生時代、酵母の研究に没頭していましたが、研究だけでなく、アルバイトや海外旅行など、したい!と思ったことはなんでも挑戦しました。研究で頑張った事や、様々な経験が、必ず仕事に活きると感じています。何事にも一生懸命取り組み、挑戦したい皆さんと、私は一緒に働きたいです!

研究所 加工開発課 西本 唯

研究所 加工開発課西本 唯平成26年4月1日入社

私はヒガシマル醤油(株)研究所の商品開発部門に所属しています。
この部門では新商品の味作りはもちろん、製造部門と連携して商品の新たな製造方法の確立に取り組んだり、営業部門と商品の味やコンセプトについて意見を交わし、商品が売れる方法を検討したりしています。他にも、市場調査や商品発売後の検証、メニュー開発、調理特性の研究など仕事の内容は多岐にわたります。研究開発というと、研究所以外と関わることがあまりないように思われるかもしれませんが、実際には全国の営業所や他部署と連携して仕事を進めることが大切です。そのため大変なことや、失敗することもたくさんありますが、反面非常にやりがいを感じられます。また、入社一年目から商品を開発できるなど、若手にも活躍の場がどんどん与えられ、課題を乗り越えながら自分の成長を感じることができるのも、この仕事の大きな魅力の一つです。

ヒガシマル醤油(株)研究所は「まずやってみる」ことを後押ししてくれる気風があります「こんな商品作ってみたい!」「こんな研究してみたい!」という熱意のある方、ぜひ一緒に働きましょう!