HOME > 会社情報 > 採用情報 > 研究・開発部門

会社情報

ヒガシマル醤油 研究・開発部門

写真:研究所長 古林 万木夫

研究所長 古林 万木夫

期待する人材をしょうゆ醸造でたとえてみると。

[ 業務内容 ]

当社は淡口(うすくち)しょうゆのトップメーカーとして、変化の激しい時代に対応しつつ、 “関西発のうす色で上品な味を守り広げる信念” を持って、豊かで健康な食生活のお役に立ちたいと念願しています。研究所は、この様な当社の使命を技術面から支えるべく、活躍の場を広げてきました。

たとえば、 “淡口うすくちしょうゆの風味や色を自在に醸造したい!” と言う課題には基礎研究が欠かせません。醸造を科学することにこだわっています。このこだわりを基礎に、研究所はこれまで、複合糖鎖関連酵素や抗酸化性をはじめとする各種機能性物質、食品添加物の開発など新分野への展開を図ってきました。現在はさらに、抗アレルギー作用、免疫調節機能、鉄吸収促進作用、中性脂肪低下作用など、科学的な裏付けを持った健康機能食品の開発へと進展し、研究フィールドは醸造微生物から動物まで広がっています。

長年料亭で磨かれてきた淡口うすくちしょうゆをベースに “プロの味を簡便に!” をコンセプトとして各種の調味料を開発しています。また、外食産業や惣菜業界の皆さんに “うす色・うす味の美味しさ” を提案する仕事も続けております。
今、食品会社が問われている重大な課題に “信頼性” が挙げられます。研究所は、製造工程の衛生管理に深く関わり、かつ、原料から製品までの品質管理を担うことにより、自分たちが開発した商品が安全に、設計通りに作られているのか?まで見ているのです。

[ 求める人材像 ]

しょうゆ会社のイメージや伝統から、発酵化学や生物工学系の応募が多いのが現状です。しかし、当社研究所の業務は極めて広いことがお分かりいただけると思います。募集要項にある採用学部・学科はあくまで参考として、多様性のある幅広い専門分野の皆様を求めています。

ヒガシマルの研究所は、決して大所帯ではありません。一人何役もこなせる人材を求めています。スポーツでたとえるなら、アメリカンフットボールのように役割を組織的に細分化するのではなく、バスケットボールのようにみんなで攻める、みんなで守るプレイヤー(研究員)が理想です。得意なところを伸ばすのか、苦手なところを克服するのか、いろいろな成長過程がありますが、少人数のチームワークで得点(研究開発)を重ねていきましょう。

期待する人材をしょうゆ醸造でたとえてみます。気温が上がり始めたことを感じて自分で発酵を始める人、隣のタンクにそろそろ発酵を始めないと遅れるぞ!と言ってくれる人、それでもだめなら、自分のタンクの酵母を分けてやれる人、発酵が旺盛な人、発酵が持続する人、温度が低くても高くても発酵できる人、これまでにない香りを醸す人、オレのタンクのしょうゆはこんな特長を持っていて、とっても美味しぞ!と、しっかり自慢できる人、などです。
アルコールをたくさん発酵してくれる人やアルコールに合う料理がうまい人も好きです。

先輩社員の声

研究所 加工開発課 廣瀬 真也

研究所 醸造開発課廣瀬 真也平成25年4月1日入社

チーム一丸となって一緒に働きましょう!

私が所属する醸造開発課では、①醤油に関わる醸造微生物(麹菌、酵母、乳酸菌など)の基礎的な研究、②淡口うすくち醤油を中心とした醤油の新商品開発と醸造技術開発、③当社が独自に醤油中から見出した機能性成分SPS(しょうゆ多糖類)の機能性研究、の主に3つの業務を行っています。

私は研究所配属後4年間、液体調味料の商品開発を行い、所内異動で醸造開発課に配属されました。商品開発の際は「どのような商品がお客様に喜ばれるか」を常に考えて仕事をしてきました。基礎研究においても、最終的にお客様に喜ばれる商品へ応用するにはどうすればよいかと意識することは私の強みであり、かならず次のステップにつながると思っています。現在、社外の研究機関との共同研究や新規醸造技術開発を行っていますが、最終商品へどうつながるか、どう応用できるかを意識して研究を行っています。

私が学生時代に打ち込んでいたラグビーにはOne for all, All for one「一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために」という言葉があります。研究所レベルから一歩進めた工場レベルの試験では、スケールの差から、研究所・工場間で異なる結果となることもあります。そんな時は、製造担当者と連携を取りながら試行錯誤を繰り返します。他にも資材担当や営業担当など、部署を超えた方々とチーム一丸となって仕事を進めていくこともあり、大変ではありますが、やりがいがあり、成長を感じられる職場だと実感しています。みなさんも私たちと一緒に目標に向かって進んでみませんか。

研究所 加工開発課 武内 捺未

研究所 加工開発課武内 捺未平成27年4月1日入社

初めて開発した商品は、私の宝物です。

私は研究所の商品開発部門に所属しています。
商品開発と一言に言っても、消費者調査やコンセプト立案、味作り、そして工場での試験・実製造から発売後の検証まで業務内容は多岐にわたります。そのため大変なことも多く、1つの商品のことを考える時間は長くなります。しかし、その分担当した商品に愛着がわき、お店に並んでいると達成感や嬉しさがこみあげてきます。また、その他にも減塩技術を始めとする調理特性の研究や、商品を使ったメニュー提案も行っています。入社一年目からこのような様々な業務を経験でき、他部署と協力することが多い部署なので、日々成長を実感しています。

仕事をする上で不安に感じることがあるかもしれません。私も分からないことばかりのスタートでしたが、知識・経験が豊富な上司や先輩が必ず力になってくださいます。ぜひ一緒においしい味作り、おもしろい発見をし、ヒガシマル醤油だからできる経験をしましょう!