HOME > 会社情報 >  沿革

会社情報

沿革

天正年間
(1580年頃)
創業。
文禄年間
(1592~1596年)
宮中から菊屋の屋号賜る。
寛文 6年
(1666年)
龍野でこの頃、現在の淡口醤油が誕生した。
延享 3年
(1745年)
龍野醤油の京都・大阪進出。
明治 2年
(1869年)
藩物産蔵で淺井醤油創業。
明治13年
(1880年)
龍野醤油醸造組合を結成。
明治26年
(1893年)
菊一醤油造合資会社設立。
明治35年
(1902年)
龍野醤油醸造組合証票を制定。
大正元年
(1912年)
淺井・菊一両社が宮内省御用達に指定される。
昭和17年3月5日
(1942年)
淺井・菊一合併により、龍野醤油株式会社設立。
昭和24年
(1949年)
ヒガシマルマーク商標を現在のヒガシマルブランドに変更。
昭和38年
(1963年)
日本醤油協会から推挙され大手五社の一つに列する。
液体調味料の製造開始。
昭和39年
(1964年)
発売当初のうどんスープとラーメンスープ
発売当初のうどんスープと
ラーメンスープ
ヒガシマル醤油株式会社に社名変更。
粉末調味料の製造開始、「うどんスープ」を発売。
昭和40年
(1965年)
ヒガシマル食品株式会社設立。
昭和41年
(1966年)
めんスープ液体商品の充実を図るべく「めんスープ」を発売。
昭和53年
(1978年)
うすくち龍野醤油資料館
うすくち龍野醤油資料館
本社新社屋完成。全国初の醤油資料館「うすくち龍野醤油資料館」を開館。
昭和54年
(1979年)
発売当初のちょっとどんぶり
発売当初のちょっとどんぶり
「ちょっとどんぶり」を発売。
昭和55年
(1980年)
工場ヒガシマル食品(株)の新工場竣工。
昭和57年
(1982年)
「ちょっとぞうすい」を発売。
昭和63年
(1988年)
研究所研究所を増築。
平成 4年
(1992年)
液体調味料専用の工場「平成蔵」が完成。
平成 9年
(1997年)
「ぶっかけシリーズ」を発売。
平成11年
(1999年)
マークISO9001の認証を取得。
平成12年
(2000年)
配送センター2000完成。
平成16年
(2004年)
抗アレルギー対応サプリメント「四季爽快」を発売。
平成19年
(2007年)
「揚げずにからあげ 鶏肉調味料」を発売。
平成20年
(2008年)
だしづくりの生産拠点「平成西工場」が完成。
「農商工連携88選」に認定。
平成21年
(2009年)
うすくち龍野醤油資料館本館と別館が経済産業省「近代化産業遺産」に認定。
平成24年
(2012年)
ヒガシマル食品(株)の新工場竣工。