HOME > 家庭用商品情報 > つゆ・だし > 京風割烹 白だし トップ > 今月の白だし

白だし研究所 開発者からのメッセージ

みなさん、こんにちは! ヒガシマル醤油 研究所で京風割烹白だしなどのメニュー開発を担当しているニシモトです。 この「白だし研究所」では、京風割烹白だしを使ったメニューとともに、 龍野周辺の季節の移り変わりなどをお届けしていきたいと思っています。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

12

この前、みなさまに新年のごあいさつをしたと思ったのに…、もう年末のごあいさつの季節になりました。
大人になると1年が早い、すぐ年をとる。
子供のころはもっと1年が長く感じたのに、と思っていた時にある人から、「5歳の子供の1年はその子供にとって5分の1で、50歳の人の1年はその人にとって50分の1だから年をとるほど1年は短く感じるんだよ」と聞きました。
う〜ん、なるほど。と思うことにしていますが、やはり今年もあっという間の1年でした。

  • 写真:いただきました

    いただきました♥

  • 写真:ポッカポカ

    ポッカポカ

  • 写真:!!

    !!

今月の写真は、「いただきました♥」「ポッカポカ」「!!」です。
「いただきました♥」は、先日、同僚が結婚式した時の写真です。
ハワイアンなイメージとブーケがとても可愛らしく、幸せを分けていただきました。
「ポッカポカ」は、風がなく陽射しがポカポカでとても気持ちのよい午後の動物園の光景です。
カバがとても気持ちよさそうに昼寝をしていました。
「!!」は、同じ動物園ですがたぶん建設中の「観覧車」かな?と思います。
一瞬なんだろうと思い、回りだけでゴンドラがない!!と二度見してしまいました。

今月の白だしメニューは、「サーモンと帆立てのタルタル」です。
フランスパンを添えてちょっとオシャレに、パーティーや記念日に活躍するメニューです。
これからの季節は、クリスマスやお正月などにおすすめです。
わさびをアクセントにしているので日本酒などにもよく合います。
また、わさびをマスタードに変えると洋風に変わり、ワインなどにも合います。

最後になりましたが、今年もヒガシマル商品をご愛用いただき、ありがとうございました。
来年も引き続きヒガシマル醤油を、よろしくお願いいたします。

白だし 今月のおすすめレシピ

料理写真:サーモンと帆立のタルタル

サーモンと帆立の
タルタル

材料 (2人分)

サーモン
(お刺身用)
100g
帆立て貝の貝柱
(お刺身用)
100g
玉ねぎ
(あれば赤玉ねぎ)
1/4個
フランスパン 適宜
生バジル 適宜

[A]

京風割烹白だし 大さじ1
オリーブ油 大さじ1
レモン汁 大さじ1
わさび 適宜

作り方

  1. サーモンと帆立て貝の貝柱は5mm角に切る。玉ねぎはみじん切りにする。
  2. ボウルにA1を入れて混ぜ合わせる。
  3. フランスパンは幅1cmに切って焼いておく。
  4. 器にあればセルクル(型)を置き、2を入れる。セルクルをはずし、バジルをのせる。
  5. フランスパンを添える。

※セルクル(型)がない場合は、スプーンなどですくって丸い型をつくってください。

※お刺身は鯛などでもおいしくいただけます。

11

今年も残り2ヵ月となり、時の経つのは早いなと感じる季節になりました。
朝晩がとても寒くなり、鍋や煮込み料理の恋しい時期です。
今年の秋冬新商品では、個食タイプの鍋つゆ「ちょっとなべ小町」3品を発売しました。
これからの寒い季節、1人でも家族でもOKなので、ご家族や帰りの遅いお父さん、塾帰りの子供さんに、ほっと温まる鍋料理はいかがですか。活躍間違いなしのおすすめ商品です!!

  • 写真:干して見ました☆

    干して見ました☆

  • 写真:出来上がり

    出来上がり

  • 写真:秋の空

    秋の空

今月の写真は「干して見ました☆」「秋の空」です。

知り合いから小さくて可愛らしいしいたけをたくさんいただき、どうしようかと思い・・・、干ししいたけに挑戦してみました。
さすが秋ですね。
秋晴れの日に外に干しておくと、空気の乾燥も助けとなり、4日ほどできれいな干ししいたけが完成しました♪♪
甘辛く炊いてつくだ煮にしたり巻き寿司に入れたりと、いろいろ使えてとても便利です。
これからもまだまだ乾燥した季節が続くので、しいたけだけでなく、果物や根菜類など、いろいろなものを干してみようかなと思っています。
「秋の空」は、会社の醤油タンクの間から見えた秋の空、うろこ雲。
空を見ているだけでも秋を感じ、少し肌寒さを感じました。

今月の白だしメニューは、今が旬のさんまを使ったイタリアン「さんまとトマトの香草パン粉焼き」です。
いつもの塩焼きとは違ったさんま料理をお楽しみください。
チーズとトマトの酸味がよく合う一品です。

白だし 今月のおすすめレシピ

料理写真:さんまとトマトの香草パン粉焼き

さんまとトマトの
香草パン粉焼き

材料 (2人分)

さんま
(できればお刺身用)
2尾
プチトマト 8個
京風割烹白だし 大さじ2
バジル(生) 適宜

[A]

パン粉 大さじ
1・1/2(15g)
パルメザンチーズ
(粉チーズ)
大さじ
1・1/2(5g)
パセリ(乾燥) 大さじ1/4
バジル(乾燥) 大さじ1/4

作り方

  1. さんまは3枚におろして中骨を抜き、半分に切る。
  2. ポリ袋に1と京風割烹白だしを入れ、30分くらい冷蔵庫に入れる。
  3. プチトマトは縦に3等分する。
  4. ボウルにAを合わせておく。
  5. 耐熱容器にさんま、プチトマトの順に2層に重ねる。4を散らしてオーブン(180℃)で20分焼く。
  6. 焼き上がったら上にバジル(生)を添える。

10

周りを見渡せば秋の気配が着々と歩み寄ってきていますね。
外を歩けば、金木犀(キンモクセイ)の甘い香りが漂ってきて姿は見えなくても、香りだけで近くに金木犀があるんだなと分かります。夜になると、お祭りに向けて子供みこしの太鼓の練習の音が聞こえてきます。
食欲の秋もそうですが、秋は目や耳、香りと五感で楽しむことのできる季節ですね。

  • 写真:生命力

    生命力

  • 写真:秋の風景

    秋の風景

 

先月の十五夜に引き続き、10月6日は十三夜でした♪♪
十五夜は芋をお供えするので「芋名月」十三夜は栗をお供えするから「栗名月」といわれるそうです。
十三夜は、満月ではありませんが、十五夜の次に美しいとされています。

今月の写真は、「生命力」「秋の風景」です。
「生命力」は会社で忘れ去られていたさつまいもを見たら、芽が出ておりただ今、水耕栽培中です。どこまで伸びるのか、そして根もしっかり出てきて根の色もさつまいもの赤なのに驚きました。根は白だという勝手な思い込みをしていました。
今では、職場の観葉植物となっており、みんな癒されています。
「秋の風景」は、こちらも周りを見渡すとあちらこちらで見られる秋晴れの日の稲刈り風景です。

今月の京風割烹白だしメニューは「ハロウィンパーティー☆」です。
いつものメニューにかぼちゃ料理を一品加えてハロウィンパーティーはいかがですか??
かぼちゃの甘さが引き立ち、素材の味を邪魔しないレシピになっています。
「まるごとかぼちゃのグラタン」は、彫刻刀を使用すると簡単にジャック・オ・ランタン風になります。(彫刻刀の使用は十分お気をつけください。)
「かぼちゃのスープ」は、案外、カンタンにできます。

写真:ハロウィンパーティー☆

ハロウィンメニューその他2品、「かぼちゃの茶巾」「かぼちゃコロッケ」は、白だしレシピでご覧いただけます。こちらものぞいてみてください。

白だし 今月のおすすめレシピ

料理写真:まるごとかぼちゃのグラタン

まるごとかぼちゃのグラタン

材料 (4人分)

かぼちゃ 1個
玉ねぎ 1個
ベーコン 2枚
バター 20g
京風割烹白だし 大さじ2
小麦粉 大さじ4
牛乳 500ml
ナチュラルチーズ 適宜

作り方

  1. かぼちゃは全体にラップをかけて電子レンジ(500W 10分)で加熱する。
  2. 上のふたになる部分を横に切り、中をくり抜く。
  3. 玉ねぎは薄切りにする。ベーコンは細切りにする。
  4. フライパンにバターを熱し、玉ねぎとベーコンを炒める。小麦粉を少しずつ入れて混ぜる。全体に小麦粉が絡まったら、牛乳と京風割烹白だしを少量ずつ入れ、だまができないように混ぜながら入れる。
  5. かぼちゃを入れる場合は、一口大に切り、4に入れて火が通るまで煮込む。
  6. くり抜いたかぼちゃに5を入れ、上にナチュラルチーズをのせ、オーブン(200℃ 10分)で焼く(具材に火が通っているので、チーズが溶ければよい)。

※かぼちゃを具材として使用する場合は、かぼちゃの半分より少し上を横に切りくり抜いて、使用してください。

料理写真:かぼちゃのスープ

かぼちゃのスープ

材料 (4人分)

かぼちゃ 200g
京風割烹白だし 大さじ3(45ml)
牛乳 300ml
300ml
パセリ 適宜

作り方

  1. かぼちゃはひと口大に切って耐熱皿にのせ、水(大さじ2)をかけてラップをする。電子レンジ(500W 10分)で加熱する。
  2. ミキサーかフードプロセッサーに粗熱をとったかぼちゃ、京風割烹白だし、牛乳、水を入れ、なめらかになるまで撹拌する。
  3. 鍋に2を移し、ひと煮立ちさせる。
  4. お皿に注ぎ、上からパセリをふる。

9

昨年から始まった「今月の白だし」も今月で丸1年が過ぎました♪♪
皆様が京風割烹白だしに興味を持っていただくことで無事に続けられています。本当にありがとうございます。
これからも、気になったこと、美味しそうなものなどを、いろいろ発信していきたいと思っています。

  • 写真:亀が素敵な看板

    亀が素敵な看板

  • 写真:ヨーロッパ風の看板

    ヨーロッパの雰囲気漂う看板

  • 写真:レトロ感が新鮮な看板

    レトロ感が逆に新鮮な看板

9月と言えば十五夜ですね。今年は9月8日でしたが、皆様の地域では中秋の名月は見ることができましたか?
十五夜は、秋の収穫を祝う行事でもあります。芋類の収穫時期にあたり収穫と豊作を感謝し、芋をお供えする地域もあり、「芋名月」とも呼ばれているそうです。

今月の写真は、先日訪れた、有馬温泉です。
「金泉」「銀泉」と2種類のお湯が楽しめる有馬温泉は、龍野からだと車で1時間30分くらいで行くことがます。写真は、温泉街を散策した時に見つけた看板です。
個性的なものがたくさんあり、見て歩くのがとても楽しかったです。

今月の京風割烹白だしメニューは「芋名月」から、じゃがいもを使用したサラダにしました。ドイツ料理では、前菜、スープ、メインにじゃがいもを使用したメニューがよく作られます。その中のひとつ、「じゃがいもとサーモンのサラダ」をご紹介します。京風割烹白だしを使用することで、あっさりと食べていただくことができます。ルッコラのほろ苦さと、京風割烹白だしのあっさりとしたドレッシングがよく合う一品です。また、お好みで粉チーズやハーブのディルなどを混ぜても、違ったおいしさが楽しめます。

白だし 今月のおすすめレシピ

料理写真:じゃがいもとサーモンのサラダ

じゃがいもとサーモンの
サラダ

材料 (2人分)

じゃがいも 400g(中3個)
スモークサーモン
または生サーモン
(刺身用)
100g
ルッコラ 30g

[A]

京風割烹白だし 大さじ1
白ワインビネガー 大さじ1
オリーブ油 大さじ1
マスタード 小さじ1

作り方

  1. 鍋にたっぷりの水とじゃがいもを入れてゆでる。
  2. じゃがいもに竹串を刺してスーッと通ったらざるに上げ、皮をむく。
  3. じゃがいもを縦に半分に切り、さらに横に6等分にスライスする。
  4. ボウルにAを合わせておく。
  5. サーモンはスライスする。ルッコラは根を切って葉の部分を軽く水で洗い、水けをきっておく。
  6. 4のボウルに35を入れてあえる。

8

夏真っ只中、学生のみなさまは夏休みを思いっきり楽しんでいますか??
主婦のみなさま残り1カ月お疲れさまです。
当社ホームページのレシピ集で「簡単」と検索していただくとお手軽ぶっかけメニューや粉末商品を使用した簡単レシピがたくさん掲載されています。お昼ごはんなどに利用していただければ幸いです。
小学生の頃の夏休みといえば、私は、ラジオ体操とプール教室を思い出します。
両方とも夏休みは毎日あり、ラジオ体操は6年生の方に出席のハンコを押してもらうのがとても楽しみでした。今では、毎日行われていない所が多いみたいですね。

  • 写真:新入社員

    新入社員

  • 写真:ザ・大阪!!

    ザ・大阪!!

今月の写真は、先日、ヒガシマル醤油研究所で行った社内旅行です。
毎年恒例、新入社員の出し物では「コント&ダンス」でした。
白塗りで「ダメよ~、ダメダメ」と言うコントでしたが、コントをしている芸人さんを知っている人が少なく、終わってから「あっそうなんだ」と納得をしていました・・・。
ダンスでは、ももいろクローバーZの歌に合わせダンス。そしてモモノフの男性新入社員は自前のハッピにハチマキというスタイル。なかなか見ることができない出し物で、とても盛り上がり、たくさん練習をしたんだなと、みんな感心の舞台でした。
そして最後は恒例になりつつある「明日がある」をみんなで肩を組み歌って締めるという楽しい宴会でした。
「ザ・大阪!!」は2日目に訪れた目的地のひとつです。
今年は近場旅行だったので、「大阪新世界」に行ってきました。「串カツ」「立ち呑み」「通天閣」とこれぞ大阪!という光景が広がっていましたが、昼食後だったので何も食べられず、次回お腹を空かせて行きたいです♪♪

今月の京風割烹白だしメニューは、暑い夏こそしっかり食べよう!!と言うことでアジアンな2品タイの「ヤムウンセン」、インドネシアの「ナシゴレン」です。
両方とも本場ではもっと辛い料理ですが、今回は京風割烹白だしを入れることで優しい味わいに仕上げています。

白だし 今月のおすすめレシピ

料理写真:たこのガリシア風

「ヤムウンセン」(写真左)

材料 (2人分)

えび 4尾
豚ひき肉 50g
春雨 20g
赤玉ねぎ 1/4個
セロリ 1/8本
きゅうり 1/2本

[A]

赤唐辛子 1本
京風割烹白だし 大さじ1/2
レモン汁 大さじ1
ナンプラー 大さじ1/2
砂糖 大さじ1/2

作り方

  1. 赤唐辛子は種を取って輪切りにする。ボウルにAの材料を合わせておきます。
  2. えびは皮をむき背わたを取ってゆで、水けをきって3等分に切ります。同じお湯で豚ひき肉をほぐしながらゆで、水けをきります。
  3. 別の鍋で春雨を記載通りにゆで、水けをきって食べやすい長さに切ります。
  4. 赤玉ねぎは薄切りにし、セロリときゅうりはせん切りにします。
  5. 1234を入れて混ぜ合わせます。

※ナンプラーと赤唐辛子の量は、お好みで調整してください。

「ナシゴレン」(写真右)

材料 (2人分)

ごはん 400g
牛ひき肉 100g
玉ねぎ 1/2個
パプリカ 1/4個
青ねぎ 3本
2個
京風割烹白だし 大さじ1
ナンプラー 大さじ1
スイート
チリソース
小さじ2
しょうが 5g
(チューブでも可)
にんにく 1かけ
(チューブでも可)
サラダ油 大さじ1
野菜のイラスト

作り方

  1. ボウルに京風割烹白だし、ナンプラー、スイートチリソースを合わせておきます。
  2. フライパンを熱し目玉焼きをつくります。
  3. 玉ねぎ、パプリカ、しょうが、にんにくはみじん切り、青ねぎは小口切りにします。
  4. フライパンにサラダ油をひき、しょうがとにんにくを入れて弱火で熱し、香りをサラダ油に移します。牛ひき肉を加えて炒め、火が通ったら玉ねぎとパプリカを入れて炒めます。
  5. 4にごはんを入れて炒め、1を入れて混ぜ合わせます。
  6. お皿に5を盛り、目玉焼きをのせます。

※ナンプラーとスイートチリソースの量は、お好みで調整してください。

7

龍野では、田んぼでのカエルの大合唱が落ち着き始めたら、セミの鳴き声が聞こえ始めました。
晴れた空には大きな入道雲が現れ、夏が来た~!!と感じます。早く梅雨が完全にあけてほしいです。
ちなみに、宮崎駿監督の映画が大好きな私は、「夏休み=となりのトトロ」、「入道雲=天空の城ラピュタ」を思い出します。

  • 写真:たばこの葉

    たばこの葉

  • 写真:梅の木

    梅の木

今月の写真は、「たばこの葉」「梅の木」です。
「たばこの葉」は徳島の祖父母の近所に広がっているたばこ畑です。いつも何の葉だろうと思っていましたが、これがたばこの原料だと思うと何だか不思議な感じです。葉自身にニコチンを含んでいるらしいです。
「梅の木」は梅の実が鈴なりに生っていて今年は梅干しだけでなく、梅ジュース、梅ゼリー、梅酒、梅ジャムと何に変身させようか今から楽しみです。

今月の京風割烹白だしメニューはスペイン料理の「たこのガリシア風」です。
通常は、たこをゆでたじゃがいもと赤パプリカの粉末であえるメニューですが、今回は簡単にアレンジし、炒め和えにしてみました。
決め手は赤パプリカの粉末です。最近では、スーパーのスパイスコーナーにもあることが多くなりました。少量で前菜として、量を増やしてメインにと、シーンに応じて楽しめる料理です。
スペインのパプリカパウダーを使用するとスパイシーに仕上がりますが、日本のパプリカパウダーを使用するとコクが増す味つけとなります。

白だし 今月のおすすめレシピ

料理写真:たこのガリシア風

たこのガリシア風

材料 (2人分)

たこの足(ゆで) 200g
じゃがいも 3個(300g)
にんにく 1かけ
オリーブ油 大さじ1
京風割烹白だし 大さじ1・1/2
パプリカパウダー 小さじ1/4
刻みパセリ 適宜

作り方

  1. じゃがいもは皮をむき、4~6等分にします。たこは食べやすい大きさに切ります。
  2. 鍋に水とじゃがいもを入れて火にかけ、竹串がすーっと通るくらいまでゆで、水けをきります。
  3. にんにくは皮をむき、みじん切りにします。
  4. フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて弱火にかけ、じっくりと香りを油に移します。
  5. たことじゃがいもを加えて混ぜ、全体に油が回ったら京風割烹白だし、パプリカパウダー、刻みパセリをふって全体にからめます。

6

季節も春から初夏に変わり、だんだんと暑くなってきましたね。夏服への衣替えはお済みですか?学生の時の方が制服を夏服へ変更するので、衣替えや季節には敏感だったような気がします。
6月に入り、鮎釣りが解禁になりました。会社の横を流れている揖保川でも皆さんこの日を待っていたかのように川で鮎釣りを楽しんでいます。夏ならではの龍野の光景です。龍野では、直接川に入り鮎を釣っていますが、私の祖父は徳島の吉野川で船に乗って鮎釣りをしていました。鮎釣りといっても様々な釣り方がありますね。

  • 写真:バーベキュー

    バーベキュー

  • 写真:そして、大雨…

    そして、大雨…

今月の写真は先日、会社の仲間とその家族を中心に行った総勢40名くらいのバーベキューの様子です。
毎年同じ日に開催して、今年は初めての大雨でした。
一年ぶりにお子さんたちに会ったのですが、成長した姿に驚かされました。雨の中、男の人がせっせと焼いてくれたのを、女の人はテントの中でまったり女子会気分で食べるという感じでした。

今月の京風割烹白だしメニューはこれからが旬のアジとトマトを使ったイタリアンなメニュー「アジの香草焼きトマトソース添え」です。
アジに香草をつけて焼いているので魚が苦手な方でも食べやすい味になっています。トマトと京風割烹白だしのうま味が合う一品です。

白だし 今月のおすすめレシピ

料理写真:アジの香草焼きトマトソース添え

アジの香草焼き
トマトソース添え

材料 (2人分)

アジ(3枚おろし) 2尾
トマト 1個
にんにく 1かけ
ハーブミックス 大さじ2
塩こしょう 少々
京風割烹白だし 大さじ1
オリーブ油 大さじ2
イタリアンパセリ 適宜

作り方

  1. アジに塩コショウとハーブミックスをまんべんなくふります。
  2. にんにくはみじん切りにします。トマトは1cm角に切ります。
  3. フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて火にかけ、にんにくが焦げないよう、じっくりとオリーブ油ににんにくの香りを移します。
  4. フライパンを中火にし、アジを皮目から入れます。焼き色がついたら裏返して弱火にし、ふたをしてじっくり中まで火を通します。焼けたらお皿に移しておきます。
  5. 同じフライパンにトマトと京風割烹白だしを入れ炒めます。トマトにとろみがでてきたら火を止めます。
  6. アジの上からソースをかけ、イタリアンパセリを添えます。

※ハーブミックスは乾燥タイプを使用しました。
ローズマリーやバジルなどでも香りよく仕上がります。お好みのハーブを使用してください。

5

暖かい日が続いたかと思うと、思い出したかのように寒い日がやってきたりとなかなか素直に暖かくはならないですね。
新年度が始まり、1カ月がたちましたが、新しい所で頑張っている皆様、環境には慣れてきましたか?
慣れた頃が一番体調を崩しやすいのでお気を付けください。
ヒガシマル研究所にも男女1人ずつ2名の新入社員がやってきました!!
来月配属が決定予定なのですが、私の課には男女どちらの人が配属になるのか今から楽しみです♪

  • 写真:鯉のぼり

    鯉のぼり

  • 写真:サクランボの花

    サクランボの花

今月の写真は、「鯉のぼり」と「サクランボの花」です。
近頃、大きな鯉のぼりはあまり見かけなくなりましたが、写真の「鯉のぼり」は、大きくて気持ちよさそう。子どもの健康と成長を願う家族の気持ちが伝わってきますね。
「サクランボの花」は一瞬桜の花かと思いましたが、サクランボの花でした。蜜蜂が花の中に頭を突っ込んで蜜を集めていました。
あと1、2カ月したら真っ赤なサクランボができるのが楽しみです。

今月の京風割烹白だしメニューは先月に引き続き、春野菜のひとつ、春キャベツを使った「ラハナドルマス」
トルコの家庭料理を京風割烹白だしでアレンジしたトルコ風ロールキャベツです。トルコのロールキャベツはお米を入れるのが主流。
リゾットぽいお米とキャベツの甘さを楽しめる一品です。

白だし 今月のおすすめレシピ

料理写真:ラハナドルマス

「ラハナドルマス」

材料 (2人分)

キャベツ
(大きめの葉)
6枚
鶏ももひき肉 25g
2/3合
(100g)
玉ねぎ 1/4個
オリーブ油 大さじ1
トマトケチャップ 大さじ1/2
粗びき黒こしょう 適宜
京風割烹白だし 30ml
270ml

作り方

  1. 鍋にたっぷりのお湯を沸かしてキャベツをさっとゆでます。
  2. 玉ねぎはみじん切りにします。京風割烹白だしと水は合わせておきます。
  3. フライパンにオリーブ油を入れて火にかけ、玉ねぎを炒めます。
  4. 玉ねぎがしんなりしたら、トマトケチャップを入れてさらに炒め、米を加えます。
  5. よく炒めて粗びき黒こしょうで味を調え、火を止めてから鶏ももひき肉を入れて混ぜます。
  6. 1のキャベツの芯の部分を取り除き、2枚のキャベツで5の具を巻きます。(2個つくります。キャベツ2枚はそのまま残しておく。) 
  7. 小鍋の底に残しておいたキャベツを敷いてその上に6を並べ、合わせておいた京風割烹白だしと水をひたひたになるまで加え、落としぶたをして柔らかくなるまで煮込みます。(お好みの野菜と共に煮込んでもおいしくいただけます。)

※ヨーグルトを添えて食べていただくとさらにトルコ流になります。

※手順7で京風割烹白だしと水を入れてもひたひたにならない時は、京風割烹白だし1:水9で希釈した液を追加してください。

4

春になりましたね♪♪ 新入社員のみなさま、新入生のみなさまおめでとうございます。
近くを見ると色鮮やかなチューリップが咲き、遠くを見ると新緑の木々の中に山桜のピンクがとても可愛らしく咲いています。
見ているだけで気持ちも華やかになってきますね。
暖かくなると、虫たちも動き出すようになんだか旅行などの計画を立てたくなってきました。

  • 写真:龍野の桜

    龍野の桜

  • 写真:花より団子

    花より団子

  • 写真:桜餅!?

    桜餅!?

4月の写真は、「龍野の桜」「花より団子」「桜餅!?」です。
「龍野の桜」は、会社のすぐ隣を流れている揖保川の河川敷の桜と龍野の景色です。
のどかな風景にいつも癒されています。
この揖保川の伏流水が鉄分の少ない水であり、そのおかげで龍野の淡口しょうゆが成り立っています。私たちには切っても切れない生活の一部ですね。
「花より団子」は、しっとり夜桜を見に行ったはずなのですが・・・。
最終的に花より団子になってしまいました。
「桜餅!?」こちらは関西風の桜餅といちご大福です。この季節になると食べたくなります。
関西風の桜餅は餅米を使った道明寺粉の皮の中に、あんを包んだものです。
関東風の桜餅は小麦粉などの皮で、あんを巻いたものです。
関東風の桜餅は食べたことがありませんが、一度食べてみたいですね。
ちなみに桜餅の桜の葉はどうされていますか?
私は、桜の葉の塩辛さと桜餅の甘さが好きで一緒に食べるのですが、みなさまは食べられますか?

今月の京風割烹白だしメニューは、春の暖かさに誘われて地面から勢いよく芽を出す春野菜、グリーンアスパラガスを使った「グリーンアスパラガスと生ハムのクレープ包み」です。
クレープ生地に甘さは加えず、京風割烹白だしを加えています。
他にレタスと、ツナ、ウインナーなどおかず系の具材を巻いていただいても美味しくいただけます。
今回はクレープ包みを紹介していますが、ゆでたグリーンアスパラガスに10月紹介の「エッグベネディクト」のソースをかけていただいても、美味しく召し上がれます。ヨーロッパでは、ホワイトアスパラガスで、よくつくられているメニューです。

白だし 今月のおすすめレシピ

料理写真:グリーンアスパラガスと生ハムのクレープ包み

「グリーンアスパラガスと
生ハムのクレープ包み」

材料 (2人分・クレープ4枚分)

[クレープ生地]

小麦粉 50g
1/2個
牛乳 100ml
京風割烹白だし 大さじ1/2

[具材]

グリーンアスパラガス 8本
生ハム 4枚
生クリーム 大さじ3
粉チーズ 大さじ1

作り方

  1. ボウルにクレープ生地の材料を入れ、泡立て器で混ぜ合わせます。
  2. フライパンに油を熱し、いったん火からおろします。1の1/4量をフライパンに薄く広げます。
  3. フライパンを火に戻し、生地がプツプツとしてきたら裏返して両面焼きます。残り3枚も同様に焼きます。
  4. グリーンアスパラガスは根元の部分を切り落とし、下の方の皮を1/3ほどむきます。長さを半分に切ってゆでます。
  5. 3のクレープの上に生クリーム(小さじ1)を塗り、クレープの上半分の真ん中に生ハム(1枚)とアスパラガス(4本)をのせ、二つ折りに下半分をかぶせます。さらに左右の生地を真ん中に重ねて包みます。残り3枚も同様につくります。
  6. 耐熱容器に残った生クリームを広げ、5を並べて上から粉チーズをふります。250℃に熱したオーブンで5分クレープに焼き色がつくまで焼きます。

3

3月になり、外を見渡すと菜の花や桜のつぼみのふくらみが目立ち始め、買い物に出かけるとファッションも色鮮やかに様変わりしていて、見ているだけで気分も楽しくなります♪
しかし、セーターやブーツなど、もう少し手放せない天候が続いていますね。三寒四温やひと雨ごとに温かくなると言われていますが、早く春が来て欲しいです。四季爽快があるから大丈夫!!とはいえ私の最大の敵、花粉は大人しくしていてほしいですが・・・。

3月の写真は、「雛人形」と「我が家の番犬」です。
よく、雛人形は3月半ばには片付けないと「お嫁に行き遅れる」といわれますが、これは「片づけができない娘はいい嫁になれない」という年長者からの戒めの気持ちだそうです。どうしてこのような言い方をするのだろうと思っていましたが、何ごとにも深い意味があるのですね。
「我が家の番犬」は陶芸が趣味の知り合いからいただいたものです。ピンクでなんだか憎めない愛嬌のある顔が気に入り、玄関で番犬代わりとしてお客様を出迎えてくれています。

今月の京風割烹白だしメニューは、「白だし研究所」初めての日本料理かな?お雛様ということで「飾り巻き寿司」を初めて作ってみました。なかなかバランスが難しく四苦八苦しながら作ってみました。一緒に写真に写っている「手まりずし」「はまぐりの潮汁」白だしレシピで紹介しています。
酢飯に京風割烹白だしを加えることで、昆布を入れてご飯を炊いた時のように、だしが香る風味に仕上がります。酢飯は巻き寿司、ちらし寿司といろいろ使えますのでぜひ応用してください。

  • 雛人形

    雛人形

  • 我が家の番犬

    我が家の番犬

白だし 今月のおすすめレシピ

料理写真:飾り巻き寿司

「飾り巻き寿司」

材料 (2人分)

[すしめし]

2合
京風割烹白だし 大さじ2

[合わせ酢]

20ml
砂糖 20g
京風割烹白だし 大さじ1
小さじ1/2
1個
きゅうり 適宜
ゆかり 小さじ4
焼きのり 全形4枚

作り方

  1. 米はといでざるに上げ、30分ほどおいて水けをきります。炊飯器に入れ、京風割烹白だしを加えます。2合の目盛りまで水を入れ、普通に炊きます。
  2. ボウルに合わせ酢の材料を入れ、混ぜ合わせておきます。
  3. ごはんが炊き上がったら、飯台などに移して2の合わせ酢を回しかけ、うちわで手早くあおぎながらご飯をしゃもじで切るようにほぐし、すしめしをつくります。
  4. 卵で細長い玉子焼きを作り、半分に切ります。(玉子焼き器の縦の長さに合わせて作ると便利です。)きゅうりは皮をむかずに、縦に薄く細長く切ります(4本)。
    調理写真1
  5. 半量のすしめしにゆかりを混ぜます。全形の焼きのり1枚を縦に5等分します。これを、もう1枚つくります。
  6. 5等分した焼きのりにゆかりを混ぜたすしめしをのせ、細巻きを10本つくります。
    調理写真2
  7. 全形の焼きのりの奥2cmほどを残して白いすし飯をうすく広げます。
  8. 手前からきゅうり→細巻き→きゅうり、
    上に重ねて手前から細巻き→玉子焼き→細巻き、
    さらに重ねて手前から細巻き→細巻き と置きます。
    玉子焼きが中心になるように花形に整えて巻きます。さらにもう1本つくります。
    巻き方
  9. ※巻き終わったら、半紙やラップなどで巻いておくとなじんで切りやすくなります。

    ※切る時は、柑橘系のすだちやレモンなどを切ってから巻き寿司を切ると切りやすく、さわやかな風味が付きます。

2

立春が過ぎ、暦の上では春ですがまだまだ寒さは厳しいですね。
みなさま、風邪などには充分気をつけてください。

先日節分がありましたが、「豆まき」「いわし」「恵方巻き」と、みなさまはどんな節分をされましたか?
「恵方巻き」は、巻き寿司を今年の恵方に向かって無言で、願い事を浮かべながら丸かぶり(丸かじり)するのが習わしです。一本食べ終わるまで話をしてはいけないので、子供にはかなり大変ですね。全国で行われている習わしだと思っていましたが、以前は関西限定だったというのを最近知りました。ここ数年で全国に広がりつつあるのかなと感じます。
また、巻き寿司だけでなく、ロールケーキなど色々な恵方巻きも登場していますね。

2月の写真は、「綿」と「枇杷(びわ)の花」です。
「綿」は「コットンフラワー」と言う名前で販売されていたのを見たことはあるのですが、木に生っているのは初めて見ました。
奥の丸い実が割れて手前の綿が現れるそうです。ここから、糸になるとは想像もつきませんね。何事もですが、綿→糸、こんにゃく芋→こんにゃくなど、様々な工程を考え、作り出した先人の方々はすごいなと感じます。
まだまだ咲きかけの「枇杷の花」はあまり目立たず見過ごす所でしたが、良く見ると可愛らしい花をつけていました。実が生りだすとすぐに気づくのですが・・・。

今月の京風割烹白だしメニューは、スペイン料理の「たらのピルピル」です。ピルピルと言う名前が面白いなと思い作ってみました。ピルピルとは、調理中オリーブ油に魚から水分がでてピルピルと音を立てることが由来だそうです。
オリーブ油やにんにくとも、とても相性が良い京風割烹白だしです。ぜひ残ったソースにパンをつけてお召し上がりください。

  • 工場にかかった虹

    びわ

  • 干し柿

    綿

白だし 今月のおすすめレシピ

料理写真:たらのピルピル

「たらのピルピル」

材料 (2人分)

たらの切り身 2切れ
しめじ 1/2パック
にんにく 1かけ
赤唐辛子 1本
パセリ 適宜
オリーブ油 80ml
京風割烹白だし 大さじ1

作り方

  1. にんにくは薄切りに、パセリはみじん切りにします。赤唐辛子はヘタを取り中の種を取ります。しめじは小房を分けておきます。
  2. フライパンにオリーブ油、にんにく、赤唐辛子を入れて弱火にかけ、じっくりにんにくと赤唐辛子の香りをオリーブ油に移します。(辛いのが苦手な方はここで、にんにくと赤唐辛子を取り除いください。)
  3. たらの皮目を下にしてフライパンに並べます。そのまま返さずに弱火でじっくり焼きます。10分後にしめじを加え、さらに弱火で10分焼き、最後に京風割烹白だしを回し入れ、全体になじませます。
  4. 器にたらを移し、しめじとソースをかけてパセリを散らします。
  5. ※たらは身が崩れやすい魚なので器に移す時は充分注意してください。

    ※お好みでソースをパンにつけてお召し上がりください。

1

2014年明けましておめでとうございます。
本年もヒガシマル商品をよろしくお願いいたします。

一年があっという間に過ぎ、新しい年が明けましたね。
みなさま、今年の初夢は見ましたか?「一富士二鷹三茄子」とよく言われており、諸説さまざまありますが「富士→日本一の山、鷹→賢く強い鳥、茄子→事を成す」という意味合いがあるそうです。私は、未だに見たことはありませんが…。

1月の写真ですが、研究所の窓から外を見ると大きな虹が綺麗にかかっていました。
この虹のように今年一年も明るい年になって欲しいですね。虹の手前のタンクは醤油を醗酵しているタンクです。
ひとつのタンクで1Lペットボトルの醤油13万5千本分になります。ちょっと想像しづらい量ですね。

「干し芋」と「干し柿」は徳島に行った時のもの。
干し芋は徳島では、「茹で干し」と言い、茹でてから干し水で戻して小豆と炊くそうです。
干し柿も軒下などに干してある光景をみると本格的な冬を感じます。
干し柿はどの硬さが好きですか?私は硬いのより、渋が抜けてすぐの「ぽってり」した感じが好きです。

今月の京風割烹白だしメニューは、韓国と台湾のお餅メニュー「トックスープ」「大根もち」です。
トックとは、韓国語でお餅を表します。日本のようなもち米ではなく、米粉を使用したもちもち感が特徴的なメニューです。
トックは、白だしとごま油の相性がピッタリです。大根もちは、白だしのだし感と素材の味が良く合います。

  • 工場にかかった虹

    工場にかかった虹

  • 干し柿

    干し柿

  • 干し芋

    干し芋

白だし 今月のおすすめレシピ

「トックスープ」

材料 (2人分)

トック 200g
牛薄切り肉 80g
にんじん 1/5本
しいたけ 2枚
1個
白ねぎ 1/2本
京風割烹白だし 80ml
720ml
ごま油 大さじ2/3

作り方

  1. トックは、洗って表面の油を取り、水につけておきます。
  2. にんじんは短冊切り、しいたけは薄切り、白ねぎは斜め薄切りにします。牛肉は食べやすい大きさに切ります。
  3. フライパンにごま油を熱し、牛薄切り肉を炒めます。
  4. 鍋に京風割烹白だしと水を入れて火にかけ、煮立ったら水けをきったトック、2、3を入れ、柔らかくなるまで5分ほど煮ます。
  5. 最後に卵を溶き入れて卵が固まったら火を止め、器に盛って白ねぎの青い部分の細切りをのせます。

「大根もち」

材料 (小さめ約20枚)

大根 皮をむいて300g
ベーコン 50g
青ねぎ 1本
片栗粉 130g
上新粉 130g
京風割烹白だし 30ml
270ml
サラダ油 適宜
野菜

作り方

  1. 京風割烹白だしと水を合わせておきます。別の容器に片栗粉と上新粉を合わせておきます。
  2. 大根は皮をむき、千切り器または包丁で千切りにします。
  3. 青ねぎは小口切り、ベーコンは細切りにします。
  4. フライパンにベーコンを入れてカリっとするまで炒め、さらに大根を加えて炒めます。(サラダ油は入れません。)
  5. 4に合わせておいた京風割烹白だしと水を150ml(半量)入れ、水分がほぼなくなるまで煮詰めます。
  6. ボウルに粗熱をとった5、青ねぎ、合わせておいた粉、残りの調味料150mlを入れダマができないようにしっかり混ぜます。
  7. フライパンにサラダ油を多めにひいてスプーンで6をすくい入れ、両面に焼き色がつくまで焼きます。