HOME > 家庭用商品情報 > つゆ・だし > 京風割烹 白だし トップ > 今月の白だし

白だし研究所 開発者からのメッセージ

みなさん、こんにちは! ヒガシマル醤油 研究所で京風割烹白だしなどのメニュー開発を担当しているニシモトです。 この「白だし研究所」では、京風割烹白だしを使ったメニューとともに、 龍野周辺の季節の移り変わりなどをお届けしていきたいと思っています。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

2

  • 形は悪いけど…

    形は悪いけど…

  • 一足早い春の景色

    一足早い春の景色

先日の朝出勤すると、工場の噴水に立派なつららができていました。
毎日寒い日が続きますね(*_*) 暦の上では春になりましたが、インフルエンザも猛威を振るっており、まだまだ油断は禁物です!気をつけましょう!

今月の写真は「形は悪いけど…」「一足早い春の景色」の2枚です。
先日、友人たちと鹿児島旅行に行ってきました。「形は悪いけど…」は途中に立ち寄った道の駅で購入した安納芋(あんのういも)です。
関西で買うとなかなか値が張る鹿児島県種子島原産の安納芋ですが、さすが地元とあって、少し形がいびつな規格外品が山積みになっていて詰め放題300円!!
いい買い物をさせていただきました(*^^)v

「一足早い春の景色」は指宿の菜の花畑の写真です。
指宿は菜の花の栽培で有名な土地なのですが、寒さに負けず、すでに満開!
本当に絶景でした(*^_^*) 景色も良く、おいしいものもたくさんあり、大河ドラマ「西郷(せご)どん」の影響で盛り上がりを見せる鹿児島。旅行におすすめですよ♪

そこで今月の京風割烹白だしレシピは、安納芋を使って「簡単白だし大学いも」を作ってみました。
通常の大学いもは油で揚げますが、今回はレンジでチンした後、フライパンで軽く焼くだけの簡単レシピです。
醤油の代わりに白だしを使うことであっさりした味に仕上がります。
もちろん安納芋ではなく普通のさつまいもでもおいしく作れますので、おやつや晩ごはんの箸休めに、どうぞお試しください!

白だし 今月のおすすめレシピ

商品画像:京風割烹白だし

料理写真:簡単白だし大学いも

簡単白だし大学いも

材料 (2人分)

安納芋(さつまいも) 200g
京風割烹白だし 大さじ1
はちみつ 大さじ2
レモン汁 小さじ1
バター 10g
黒いりごま 適宜

作り方

  1. さつまいもはよく洗って皮ごと1cm角くらいのスティック状に切り、水にさらしておく。
  2. 1の水けをきり、耐熱皿に並べて電子レンジ(600W)で3分加熱する。
  3. 京風割烹白だし、はちみつ、レモン汁をよく混ぜ合わせておく。
  4. フライパンを中火で熱しバターを入れ、2のさつまいもを加える。フライパンを揺すりながら全体にバターをなじませ、うすく焼き目がつくくらいまで炒める。
  5. 3を回しかけ、焦げないように気をつけてとろみがつくまで弱火で焼き絡める。
  6. 器に盛り、黒いりごまをふる。

1

今月の白だしをご覧いただいている皆様、あけましておめでとうございます(*^_^*)
2018年も、魅力的なレシピをご提案できるよう精進してまいりますので、京風割烹白だし並びにヒガシマル商品をご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします!

  • 播磨灘産のおいしい牡蠣

    播磨灘産のおいしい牡蠣

今月の写真は「播磨灘産のおいしい牡蠣」です。 近所のスーパーに「播磨灘産牡蠣」が並ぶ季節になりました。兵庫県たつの市が面している海、「播磨灘(はりまなだ)」は知る人ぞ知る、おいしい牡蠣の産地なんです♪
真牡蠣は本来2~3年かけて成長しますが、播磨灘は栄養豊富なため1年で育て上げることができるんだとか(*_*) そのため、うまみ・コクが豊かでおいしいことで有名なんです。ヒガシマル醤油の「牡蠣だし醤油」にもこの播磨灘産の牡蠣を使用しており、濃厚な牡蠣のうまみがどんなメニューにも合う!と好評です。ぜひ一度お試し下さい(^^)/

そこで今月の白だしレシピは、うまみたっぷり!「牡蠣のねぎ焼き」です。
山いもとねぎをふんだんに混ぜ込み、大粒の播磨灘産の牡蠣と一緒に焼き上げました。京風割烹白だしのだし味と牡蠣のうまみは相性抜群です♪生地にしっかり味がついているのでそのままでもおいしくお召し上がりいただけますが、「牡蠣だし醤油」で牡蠣のうま味を追い足しするのもおすすめですよ。

白だし 今月のおすすめレシピ

商品画像:京風割烹白だし

料理写真:牡蠣のねぎ焼き

牡蠣のねぎ焼き

材料 (2人分)

生牡蠣 140g
(10~12粒)
青ねぎ 2束
(約200g)
山いも 150g
1個
京風割烹白だし 大さじ2
大さじ1
薄力粉 70g
サラダ油 適宜
かつおぶし 適宜

作り方

  1. 山いもをすりおろし、卵を割り入れてよく混ぜる。
  2. 1に京風割烹白だしと水を入れ、薄力粉をダマにならないよう少しずつ加えてよく混ぜる。
  3. 青ねぎを小口切りにし、空気を含ませるようにして2と混ぜ合わせる。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、3の半量を丸く広げる。上に牡蠣を並べ、ふたをして焼く。
  5. 焼き色がついたら返し、弱火で焼き上げる。
  6. 器に盛り、かつおぶしをふる。