HOME >家庭用商品情報 >つゆ・だし >めんスープ4倍濃縮 商品サイト トップ > めんスープ4倍濃縮のお話

めんスープ名前の由来

めんスープは、つゆなのにどうしてスープなの?という質問を受けることがあります。その理由を紹介させていただきます。
めんスープは1966年に発売しましたが、その2年前、ヒガシマルはうどんスープとラーメンスープという粉末商品を発売していました。うどんスープの人気が上々で、スープという言葉がおしゃれでかっこよく、おいしさや風味の良さも伝わりやすいと言われていました。

そこで、しょうゆのように使えるめんスープを、うどんスープの液体版として発売したのです。
また、4倍濃縮タイプにしているのは、汎用性の高さを重視しているため。しょうゆの代わりにそのままかけたり、うすめ方次第でさまざまな料理に幅広く使っていただけます。
発売以来、みなさまに愛され続けている、めんスープ。
これからもよろしくお願いいたします。

独自のこだわりがいっぱいの原料・製法

だし

めんスープ4倍濃縮のだしは、鰹節、昆布、混合節を原料に、当社独自の高気密だし抽出製法でとっただしをブレンド。まろやかで深い味わいのつゆに仕上げました。原料の鰹節には、厳選したものを使用し、鰹本来の豊かな風味を付与しています。
混合節には、いわし節、さば節、むろあじ節、宗田鰹節を使用し、それぞれのうま味を引き出し、関西風のまろやかなだし味にしました。なお、鰹節と昆布は、国内産を使用しています。

まろやかで深い味だよ

だし

めんスープ4倍濃縮のしょうゆには、関西ならではの素材を生かすクセのない本醸造しょうゆと、コクのある再仕込みしょうゆを合わせて使っています。
だしの風味をおいしく引き立てます。

だしが生きるしょうゆなんだ

製法

だし本来の風味を余すことなく引き出せる、高気密だし抽出製法は、ヒガシマルだけの抽出技術です。
原料は上質な鰹と昆布などを厳選して使い、関西風まろやか仕立ての香りと味の二段だしを生み出しました。また、新ブレンド技術も導入し、今まで以上に品質の高い商品づくりを可能にしています。

すっごい技術だね

めんスープ4倍濃縮レシピへ